妊娠3日目のママと赤ちゃん(妊娠2週と3日)

今回は、妊娠3日目(妊娠2週と3日) のママと赤ちゃんの変化についてお伝えします。

おなかの赤ちゃんの成長

16個に分割した細胞が、卵管の突き当たりに到着します。

この細胞は、子宮内膜から分泌される栄養分を受け取り(子宮内膜には、脂肪分と糖分がたくさん含まれています)、代わりに重炭酸塩を放出します。

重炭酸塩は、子宮内膜の分泌液を粘着性のものに変える物質で、細胞が子宮に着床するために必要なものです。

ママの体と心の変化

受精卵だった細胞の集まりは、まだ小さすぎて見ることができません。

今日か明日には、ママの子宮内に入ってきます。

妊娠中、とくに気をつけたい食事・栄養素は?

たんぱく質は、赤ちゃんの体の組織を作るアミノ酸を供給します。

肉、魚、卵、牛乳、大豆製品などに良質のたんぱく質は含まれており、妊婦の1日の摂取目安量は60gです。

たとえば、1日に肉類80g、魚1切れ(100g)、豆腐1/3丁(100g)、卵1個、牛乳200cc、ヨーグルト1個で十分なたんぱく質を摂ることができます。
そんなに意識しなくても、通常の食生活で摂れるでしょう。
むしろ、たんぱく質の過剰摂取は、からだにとってよくないことなので注意が必要です。

妊娠2週と3日。
出産予定日まで263日